文化 Culture

大坂万博のシンボル「太陽の塔」

2018年4月24日

 

大坂万博のシンボル「太陽の塔」

――耐震化と保存を両立させて48年前の迫力を再び

pdficon_large

 
 
1970年、日本中が熱狂した日本万国博覧会(大阪万博)で、ひと際注目を浴びたのが芸術家・岡本太郎の作品「太陽の塔」だ。改修工事を経て2018年3月19日、一般公開を迎えた。オリジナルの迫力を再現しつつ、安全な展示空間へと生まれ変わった、新たな「太陽の塔」の魅力をお伝えする。

 大阪モノレールの駅を降りると、大阪万博公園の木々からにょきっと頭が出ていた。芸術家・岡本太郎(1911~96年)の作品「太陽の塔」だ。公園の入り口近くに立ち、写真では分かりづらいかもしれないが、高さ約63mの巨大なモニュメントだ。

万博記念公園に立つ「太陽の塔」(写真:菅原 由依子)

 この「太陽の塔」が2018年3月、大阪万博から48年の時を経て一般公開されることとなった。大阪府が総工費約13億8000万円をかけて耐震補強を施し、地下に展示空間を増築したのだ。

今でも見上げると存在感が凄い。塔の根元部分は直径約20m(写真:菅原 由依子)

(さらに…)

« Older Entries

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2018 IHCSA. All Rights Reserved.