伝統

浪越指圧

2016年12月12日

 

浪越指圧

pdficon_large

 
 

shiatsu1
浪越指圧三代

 浪越指圧は浪越徳治郎氏により創始され、長男の浪越徹氏によって、日本の指圧から世界の“SHIATSU”として拡がりました。現在は、孫の浪越孝さんが指圧のさらなる発展を目指し、医療・スポーツ・美容など、さまざまな分野でその可能性を追求しています。浪越指圧3代目の浪越孝さんに、指圧の歴史、効用、そして世界中の人々の健康増進を目指して活躍されている現状とこれからの目標などをお聞きしました。
 
 
 
 
 
 

≪浪越指圧の歴史≫

1.指圧はおじい様である浪越徳治郎さんが創始したということですが、浪越指圧の創成期と徳治郎さんについて教えていただけますか?

 私の祖父徳治郎は気候が温暖な四国の香川県で生まれましたが、6才の時に家族で北海道の留寿都(るすつ)村へ移住しました。当時香川県から北海道への旅は現在と違い大変苦労が多く、また北海道は四国と比べて寒いためか、母親が体調不良になりました。ひざの痛みから始まり、痛みは足首、手首など全身に広がり、それを和らげるため5人の子供たちが交替で母親の身体を撫でたり、さすったりしました。今でいえば多発性関節リュウマチだったのかも知れませんが、その頃は町にちゃんとした病院もなく、子供たちの思いやりだけが薬でした。5人の子供たちの中でも徳治郎が上手で、特に背中から腰にかけて親指で押すと痛みが緩和されたそうです。医学的に考えると、徳治郎が天性の勘で行った手技が副腎を刺激して適度なコルチゾールが分泌されたのかも知れません。

shiatsu2
浪越指圧創始者 浪越徳治郎

 その後祖父は按摩・マッサージの免許を取得し、大正14年には室蘭で治療院を開業し、この時初めて「指圧治療院」という言葉を使いました。その後札幌でも開業し大変好評だったので、昭和8年に長兄の勧めで東京に進出することになりました。そして昭和30年には「指圧」が国家資格として認められるようになったのです。
 
 
(さらに…)

« Older Entries

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2017 IHCSA. All Rights Reserved.