外国人に喜ばれるおもてなしと木更津の楽しみ方

明治30年創業「味処 宝家」美人若女将鈴木希依子さんが語る
外国人に喜ばれるおもてなしと木更津の楽しみ方

東京湾アクアラインの開通によりさらなる発展を続ける木更津は、かつて料亭や芸者置屋(芸者などを抱え、客の求めに応じて料亭などに差し向けるお店)が軒を連ね、最盛期には艶やかな着物を着た芸者が約200人もいた花街だった。今でも芸者のお稽古場として使われている「木更津会館」では芸者たちが日々踊りや三味線の練習を重ねている。
女将業の傍らラジオ局bayfm78等でパーソナリティとしても活躍している鈴木希依子(すずききえこ)さんに木更津の楽しみ方や、外国人客に人気のある「味処(あじどころ) 宝家(たからや)」の取組みについてお話を伺いました。

鈴木希依子さん
ーーーーー続きを読む-----

カテゴリ最新記事一覧