世界遺産

越後上布 雪国で育まれた伝統の布

2015年4月20日

 

越後上布 雪国で育まれた伝統の布

 

jofu1 jofu2

pdficon_large

jofu3

本州有数の豪雪地帯において1200年以上前からの伝統的な名産品である織物の製造が綿々と受け継がれてきている――平成21年にユネスコ無形文化遺産リストに登録された「越後上布(えちごじょうふ)」である。日本が世界に誇る無形文化財の織物について、伝統工芸の継承と公開、後継者育成を行っている「塩沢つむぎ記念館」の南雲正則館長にお話を伺った。

 

雪国で発達した織物文化

 織物の中でも日本人に太古から馴染みが深かったものは、もっぱら麻であった。綿は江戸時代になってから広まった。もともと絹もあったが一般には手が届く繊維ではなかった。麻織物は全国にわたって普及・多様化し、中でも新潟県塩沢地域では、全て昔ながらの手作業による伝統的な生産技術が今日に至るまで綿々と受け継がれ、高品質の織物を世に送り出してきた。
この地域は、かつては11月から4月にかけて雪に深く閉ざされる土地であった。農作業ができない冬場の半年間に屋内で行える現金を得るための作業として、織物作りは農家にとって大きい意味を持っていた。生活を左右するものであったので、趣味道楽ではなく、命懸けで取り組まれてきた。農作業ができない間に女性が担う家計を支える織物作りは、娘の頃から女性の天職として母親・祖母から受け継がれてきたのであった。
(さらに…)

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2017 IHCSA. All Rights Reserved.