旅行

街も客室も気軽に楽しめる新しいホテル 星野リゾート「OMO5 東京大塚」

2018年6月18日

 

街も客室も気軽に楽しめる新しい都市型観光ホテル

星野リゾート「OMO5 東京大塚」

pdficon_large

 
 
2018年5月9日、東京・大塚の駅前に星野リゾートの新ブランド「OMO5(おもふぁいぶ) 東京大塚」がオープンした。OMOはターゲットを観光客に絞ることで、一般的なビジネスホテルとは異なる施設や客室、サービスを実現した新しいスタイルのホテルだ。ロビーや客室などの魅力をはじめ、街もホテル内の客室も楽しめるユニークな仕掛けの数々を紹介する。
 
 JR山手線「大塚駅」北口を出て歩くこと約1分、最上部に「OMO5」とロゴの入った建物が見える。星野リゾートが開発した新しいホテル「OMO5 東京大塚」(125室)だ。1階入り口には大きな木格子の装飾があり、街の中でもひときわ目立っていた。

JR山手線「大塚駅」北口、都電荒川線「大塚駅前駅」のいずれからも徒歩約1分の場所に位置する(写真:星野リゾート)

OMO5東京大塚の入り口。1階の木格子の装飾が目印だ(写真:坂本 曜平)

 「OMO(おも)」とは、星野リゾートが新しく立ち上げたホテルブランドの名前で、そのコンセプトは「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」。2018年4月に北海道旭川で1号となる「OMO7(おもせぶん) 旭川」を開業し、大塚は2つ目に当たる。 (さらに…)

« Older Entries

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2018 IHCSA. All Rights Reserved.