text_about_ihcsacafe

 

先人の教えとロマンが現在に息づく北海道

pdficon_large

 
 

国内外から年間約785万人(2015年度)の観光客が訪れている北海道。かつては蝦夷地(えぞち)と呼ばれ、北海道アイヌ民族およびサハリン、カムチャッカ地方等の周辺民族と北方へ進出した和人(アイヌの立場から見たアイヌ以外の日本人)と共に営まれた歴史があった。明治時代に入ってからは国際情勢の見地から、時の明治政府は1869年に北海道開拓を所管する役所である「開拓使」を設置し、北海道と改称した。北海道アイヌ文化、そして開拓・発展の守護神として創祀された北海道神宮の歴史に触れながら観光客で賑わう今日の北海道の成り立ちをご紹介する。


北海道アイヌ文化

hokkaido1 hokkaido2
能登富枝さん


アイヌの衣服には魂が宿っている

 「このアイヌの民族衣装素敵でしょ!」と羽織って見せてくれたのが北海道白老町(しらおいちょう)に住むアイヌ民族の能登富枝(のととみえ)さん。昔はシナノキなどの樹木の内皮で織った「樹皮衣(じゅひい)」、サケやマスなどの魚皮を継ぎ合わせた「魚皮衣(ぎょひい)」、アザラシやヒグマなどの動物の毛皮で作った「獣皮衣(じゅうひい)」などが主流であった。江戸時代に入ると和人や他民族との交易で入手した木綿や絹製の布で作られた華やかな衣服が増え、現在では儀式や祭りで披露される舞踊のときなどに愛用されている。衣服にはその土地や家系ならではの文様が施され、文様には悪い霊が入り込まないよう魔除けの願いが込められているという。 (さらに…)

最新記事一覧

Copyright © 2017 IHCSA. All Rights Reserved.