text_about_ihcsacafe

 

絶景の秘境鉄道 只見線

(福島県会津若松市)

 

印刷用PDF pdficon_large

福島県会津若松市の会津若松駅から新潟県魚沼市の小出駅まで135kmあまりのローカル線が人気となっている。日本人はもちろん、海外からもこの鉄道風景を目的にたくさんの人々が訪れている。理由はご覧の通りの秘境の絶景で、新緑の季節には一面爽やかな緑の世界が広がり、秋には鮮やかな紅葉に包まれる。また冬の雪景色がさらによく似合う。2003年「雪景色のきれいなローカル線ベストテン」第1位。特に第1只見川橋梁は日本の有名な橋梁ベスト3に常にランクイン。中国最大のSNSの微博(ウェイボー)では「世界で最もロマンチックな鉄道」と紹介されているそうだ。1942年に開業、1971年に全線開通した只見線。全国でローカル線が廃止に向かう中、県や沿線自治体の強い意志があって存続している。3月の初旬、冬の終わりにこの秘境路線を訪れた。

*第1只見川橋梁を渡る只見線の3両編成の列車:動画 https://youtu.be/VtOI3vB_xcQ

 早速、第1只見川橋梁の撮影スポットに立ちカメラを構えた。深い谷の向こうに鉄橋が見え、周囲の風景と相まって雄大な景色が広がる。横にカメラを構えた地元の写真家によると、「今年は雪解けが例年より3週間以上早いですね。暖冬なんですね。」もちろん私も、多少は雪景色を期待していたが、今年はすでに雪はほとんど消えていた。それでも雄大な景色とローカル線の列車という景色は十分魅力的である。1日に6往復する只見線は撮影可能な日中の時間帯では上下線それぞれ3回と、とても少ない。7時台と9時台には2本ずつ続けて列車がやってくるので、ちょっと忙しい。鉄道の撮影では頻繁に時計とダイヤを交互ににらむことになる。撮影チャンスはほぼ一瞬で過ぎ去る。第1橋梁の手前の駅、会津西方(あいづにしかた)駅を13:03に出発した上り列車は2分後に第1橋梁を通過する。山間からおもちゃのような3両編成の列車が現れた。スピードも意外とゆっくりと、しかしガタゴトと大きな音を上げて通過していった。一瞬だが景色全体が大きく動いたように感じた。
(さらに…)

最新記事一覧

Copyright © 2019 IHCSA. All Rights Reserved.