text_about_ihcsacafe

 

西会津国際芸術村(Nishiaizu International Art Village)

~アートが人を呼び、人が人を呼ぶ~

pdficon_large
木造校舎を再利用した西会津国際芸術村

福島県の典型的な農村地域にアートを通じて人が集まっていると聞いて興味を持った。福島県の最西部、新潟県との県境にある西会津町。山間の平地に田んぼや畑が続く農業中心の町で、東京23区の半分の面積に89の集落があり、6300人が住む絵に描いたような過疎の町だ。その町の廃校になった中学校の木造校舎を利用して、西会津国際芸術村が設立されたのが2004年。設立当初から外国人アーティストを招き、アートを通じた国際交流を試みるとともに、全国に作品を募集する公募展を開催している。2018年の第13回公募展の期間中に訪問してみた。
 ​

矢部ディレクター

 現在芸術村のディレクターとして活動の中心を担っている矢部佳宏さんに話を伺った。
 芸術村が設立される際、事業に関わった方から「世界中の芸術家を集め、アトリエとして提供したらどうか」との提案があり、その人が駐日の外国大使館と関係があったことから、外国人アーティストとの交流が始まったという。これまで外国人も日本人も合わせると、延べ200名近くがArtist In Residence(滞在アーティスト)として芸術村に住み、創作活動および住民等との交流事業に参加している。
 
 ​

芸術村の廊下

 矢部さん自身は江戸時代から続く農家の19代目として西会津町に生まれた。長岡造形大学大学院で造形を学び、カナダのマニトバ州立大学大学院でランドスケープアーキテクチャー(1) を勉強して、それぞれ修士号を取得している。カナダの友人とデザインチームを組んで、カナダと上海で事業を始めたが、震災後の福島が気になっていた時に、知人に誘われて、2013年4月から芸術村の2代目常駐職員となった。それ以来Artist In Residence事業や公募展など直接アートに関わる事業だけでなく、地域の文化や食に関するイベントも企画し、現代社会において失われつつある地域の文化や伝統的な農村の暮らしの知恵を再評価する試みも行っている。
 (1) その土地の個性を生かし、人と自然が調和した環境デザイン (さらに…)

最新記事一覧

Copyright © 2018 IHCSA. All Rights Reserved.