text_about_ihcsacafe

 

来館者殺到の「都城市立図書館」

――元ショッピングモールが市民の読書と憩いの場に

pdficon_large

 
 
地方都市で役割を終えたショッピングモール。その建物が明るく開放的な市民図書館へと生まれ変わり、大成功を収めている。開館から8カ月を過ぎて来館者数は延べ85万人を突破。居心地の良さだけでなく、大人も子供も本を好きになる仕掛けの数々が人気の秘訣(ひけつ)だ。
 
 宮崎県で2番目の人口を誇る都城市は、鹿児島県に隣接し、農業や農産加工業が盛んな街だ。その中心市街地で新たにオープンした図書館が話題となっている。
 「都城市立図書館」はJR西都城駅から歩いて15分程度の場所に立つ。交通手段は主に車や自転車、国道を走るバスだ。ここへ平日、休日を問わず老若男女の市民が、遠くは鹿児島県からも訪れる。2018年4月に開館し、同年12月末時点で延べ約87万2,000人が来館。19年3月末までに延べ100万人を達成する見込みだという。

宮崎県都城市の中心市街地に立つ都城市立図書館の外観(写真:菅原 由依子)

 人気の理由の1つは、図書館としては珍しい開放感あふれる空間構成だ。実はこの図書館、元ショッピングモールを改装してつくられている。2004年に完成した建物で、かつては北側中央に時計塔のある吹き抜けのホールがあり、南側には専門店などが軒を連ねる通路が続いていた。
(さらに…)

最新記事一覧

Copyright © 2019 IHCSA. All Rights Reserved.