サステナブルを五感で体感 KURKKU FIELDS(クルックフィールズ)

印刷用PDF 

 都心から車で東京湾アクアラインを走り木更津北インターチェンジで降りて15分、緑に囲まれた住宅街を通り抜け小高い丘を登ると目前に広大な農場が広がる。そこにあるのは2019年11月千葉県木更津市にオープンした体験型自然共生施設「クルックフィールズ」。訪れる者に自然との共存を通じてサステナブルの素晴らしさが体感できるファーム&パークだ。この取材では構想から今までの道のりやコンセプト、今後の展開などを紹介する。

次世代のために

 木更津と言えば古くからは港町として栄え、のりやあさりなどの海産物が獲れることで有名であるが、近年は東京湾アクアラインの開通により都心や東京国際空港(羽田空港)へのアクセスが良くなり、大規模アウトレットモールができるなど、流入人口が増え住みやすい街として認識されている。
 海のイメージが強い木更津に山で楽しめる「クルックフィールズ」が誕生した。もともとは閉鎖されていた牧場跡地を音楽プロデュサーの小林武史(こばやしたけし)氏が「次の世代も使い続けられる農地へ」と思いから開墾し農場として2010年に30ha(約90,000坪)の広大な土地に「耕す木更津農場」を開場した。
 それから10年、美味しく、そして安心で安全な食べ物を生産するために有機栽培の野菜を育てるため土壌の改良に取り組んできた。その結果、場内の畑のほとんどは「有機JAS認証(農林水産省が認めている唯一の有機野菜)」を取得している。また、有機野菜の栽培、平飼いの養鶏(平らな地面で放し飼いの状態で飼育する方法)、一般参加者を招いての開墾やここで採れた農産物や地元食材を使用したバーベキューなどの農業体験イベントを行ってきた。

クルックフィールズ全景
Continue reading

カテゴリ最新記事一覧