人 People

夢に向かって挑み続ける木更津の若手芸者若葉さん

2018年6月21日

 

夢に向かって挑み続ける木更津の若手芸者若葉さん

pdficon_large

 
 

千葉県内で唯一、稽古場を兼ねる「見番*」が残る木更津市で、地元観光協会の臨時職員として働きながら2016年9月に初お座敷を踏んだ若手芸者の「若葉さん」。後継者がいない若手が少ないと言われる芸者の世界に飛び込んだ動機や木更津芸者の魅力、お座敷遊びの楽しみ方についてお話を伺いました。(*見番:食事処等への芸者の手配や事務を行う所)

若葉さん

日本の伝統文化に携われる仕事に憧れて
―芸者の世界で生きていこうと思ったきっかけは何ですか?

 小さい頃、よく家族旅行で京都のお寺や神社を巡っていました。芸者になろうと思った原点は、京都の祇園で見た舞妓さんにあるのですが、小学生の頃は神社で働く巫女(みこ)さんか、海が好きなので海女さんになるのも良いなと思っていました。でもやっぱり舞妓さんに憧れていましたし、元々日本の芸事に興味があったので、芸者の道に進みました。 (さらに…)

« Older Entries

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2018 IHCSA. All Rights Reserved.