人 People

暮らしの中に学びが溢れる島根県隠岐郡「海士町」(前編)

2017年6月30日

 

暮らしの中に学びが溢れる島根県隠岐郡「海士町」(前編)

pdficon_large

 
 

グローバル化が進む世界。都会には若者を引き寄せるモノ、お金、最先端の流行などの魅力が溢れている。
しかし島根県隠岐群海士町には、これらのものがほとんどないが皆豊かに暮らしている。その理由を探るために東京から飛行機に乗り船に乗り継ぎ島に渡った。
2回にわたる記事の前編では島外から海士町にやって来た若者たちの島での仕事や暮らしぶりを密着レポート。
後編では料理人養成塾「島食の寺子屋」の展開と、新鮮な魚介類の細胞組織を壊さずに保存できるCASシステムを導入し、海士の海の幸を全国に届ける「株式会社ふるさと海士 CAS凍結センター」の取り組みなどを紹介する。

菱浦港を後にする隠岐汽船


財政の悪化が町の活性化を促進させた

 島根県の北方、約60キロの日本海沖合に浮かぶ隠岐諸島は、約180の小島からなる自然豊かな島々。空港がある一番大きな島を島後(どうご)、西ノ島(にしのしま)・中ノ島(なかのしま)・知夫里島(ちぶりじま)の3島を合わせて島前(どうぜん)と呼び、この4島に約2万3千の人々が暮らす。
 その島の中でもここ数年Uターン、Iターンが増え、この10年間で400名以上が移住しているのが中ノ島の海士町(あまちょう)だ。

(さらに…)

« Older Entries

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2017 IHCSA. All Rights Reserved.