レストラン

「食のワンダーランド」大阪

2014年6月9日

「食のワンダーランド」大阪

pdficon_large

 

 

osaka1

 大阪は食の都と言われる。
 英国人フードジャーナリスト マイケル・ブースは、辻調理師専門学校の創設者辻静雄の著書“Japanese Cooking: A Simple Art”を読んで、料理は「シンプルであること」「素材そのものに語らせること」「旬の素材を使うこと」など、現代の西洋料理の潮流が1980年に書かれたこの和食の紹介本の中に生き生きと語られていることを知って驚いた。そのため日本の食に深い興味を持った彼は、家族と共に日本を3ヶ月にわたって縦断する「食べ歩きの旅」をした。その旅の様子を描いた本が「英国一家 日本を食べる」(日本語版:亜紀書房から2013年4月発行)である。
 その本の中でブース氏は、大阪の食について「レストラン批評家として名高いフランス人、フランソワ・シモンは、世界のなかでも大阪は特に好きな食の街だと言っていたし、インタビューを受けたヨーロッパやアメリカのトップシェフたちが、インスピレーションを求めて訪ねる街として大阪の名前を挙げているのを見たこともある」と書いている。
 そして彼自身も、高級なレストランだけでなく、庶民の食であるお好み焼き、串カツなどを食べ歩く様子を本の中で楽しそうに紹介している。ブース氏の本を読んだ記者も、「大阪を食べる」決意を固めた。

 pic2

 


 お好み焼きの起源は安土桃山時代に千利休が茶会で出した茶菓子にまでさかのぼるという。その後主食の代わりとして水に溶いた小麦粉を焼いて何かを挟んで食べる料理は、江戸・明治・大正といろいろな形で存在した。しかし卵やキャベツ、その他の具材などを入れて焼く現代風のお好み焼きが広まるのは、戦後の昭和30年代以降のことだったようだ。
 安くて美味しい大阪B級グルメの代表「大阪風お好み焼き」の名店を訪ねて、その人気の秘密を探してみた。

(さらに…)

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2017 IHCSA. All Rights Reserved.