旅行

日本の原風景と文化を訪ねて――高知県1

2015年8月20日

 

日本の原風景と文化を訪ねて――高知県

第1部 自然の恩恵

pdficon_large

 

四国の高知県は、四季折々の海・山・川の三拍子そろった魅力が豊富だ。太平洋に面して東西に長い海岸線を有する海との関わりが深い地域、そして、温暖多雨の気候のもと日本一の森林率である山の自然が豊かな地域から成り立つ。今回の取材で訪問した中部・西部地域を中心に、自然とその恵み、生活文化などを紹介する。

 


自然の中の清流「四万十川」

 高知県の西部を流れる四万十川(しまんとがわ)は高知県を代表する川で、四国で最長である。その川の流れの清らかさは長良川(岐阜県)、柿田川(静岡県)と並んで「日本三大清流」の1つと賞され、環境省により「名水百選」に選定されている。空の青さと山の緑が水面に映り込むほどゆったりとした流れで、川筋は大きくくねっている。くねっている所には河原が広がり、流れてくる水は川床の石・砂の間を通って浄化されながら下っていく。また、水を淀ませ水質を悪化させる大きなダムがないことも、この川に清流をもたらしている。 (さらに…)

« Older Entries Newer Entries »

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2017 IHCSA. All Rights Reserved.