観光地

侍文化体験《サムライ剣舞シアター》

2016年4月13日

侍文化体験《サムライ剣舞シアター》

pdficon_large

世界最大の旅行口コミサイト『トリップアドバイザー』は、「外国人に人気の日本の観光スポットランキング」を毎年発表している。この人気ランキング2015年版で、京都市東山区にある「サムライ剣舞シアター」が8位を獲得した。全国の多くの有名観光スポットを抑えて、8位にランキングされた「サムライ剣舞」とは何か。体験と実演で構成されるプログラムを見学するとともに、参加した外国人観光客に感想を聞いてその魅力を探ってみた。

侍文化を世界に発信したい

 三条通と花見小路通の交差点近くのビル地階にあるサムライ剣舞シアターを訪ねた。同剣舞シアターは、滋賀県の剣舞流派「正賀流」(せいがりゅう)の師範である鉤 逢賀(まがり おうが)さんが運営する剣舞道場である。同流派宗家の孫でもある鉤師範に剣舞とは何か、そして京都に道場(剣舞シアター)を設立した目的を伺った。
  「剣舞は日本の伝統芸能の一つです。武士の装束で刀と扇を携え、漢詩や和歌の吟詠に合わせて舞うもので、1演目約2分半の演舞の中に、侍の価値観や精神性が凝縮されています。侍文化は日本文化のルーツの一つであり、その価値観・美意識は我々現代の日本人の中にも多くの点で生き続けています。京都には多くの外国人旅行者が日本的な体験を求めて来られているので、彼らに英語で侍文化とそれをルーツとする「日本らしさ」をご紹介し、体験もしていただくことで、多文化理解の促進に寄与したいと考えています。また外国の方に理解され喜んでいただくことで、国内でも剣舞という伝統芸能に対する理解が深まることを望んでいます。」。

1時間のサムライ体験

 サムライ剣舞体験教室には1時間の簡単レッスン体験と約2時間(105分)の本格レッスン体験があり、この日は11時15分から簡単レッスンと本格レッスンを続けて取材した。簡単レッスンを体験した2組は、フィンランドのMr. Heikki HuhtaとMs. Essi Huhtaの夫妻とフランスのMr. Tom SofferとMr. Leo Sofferの兄弟、本格レッスンを体験したのは米国から来たDavid, Andrew, Jack, HenryのMarriott一家だった。全員が取材を快諾してくれたので、彼らのサムライ体験を密着取材することができた。 (さらに…)

« Older Entries Newer Entries »

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2018 IHCSA. All Rights Reserved.