伝統

京雛人形

2014年2月19日

 

京雛人形

pdficon_large

 

 

kyo1

3月3日の雛祭りが近づいてきました。「桃の節句」ともいわれる雛祭りの起源は古く平安時代にさかのぼります。中国の習慣を取り入れ、3月最初の巳の日に子供の身代わりとして紙の人形を川や海に流して、災難や病気を避けるために祈ったのが始まりとされています。その後長い年月の間に厄払いという意味が薄れ、女子が人形で遊ぶ習慣と合わさって江戸時代には雛祭りとして華やかな行事となりました。雛祭りになくてはならないのが雛人形です。京文化の伝統を大切に守り雛人形を1つ1つ手作りしている「安藤人形店」を訪ねて、制作工程を拝見しながら、京雛人形の特徴と職人としてのこだわり、人形への思いなどを伺いました。


京雛人形の特徴

kyo2

 京雛人形作りの最大の特徴は、国産の高級な材料を使い全て手作りであることと、人形の各部分をそれぞれ専門の高度な技術を持つ職人が分業で作っていることだといわれています。
 頭を作るのが「頭師(かしらし)」、髪の毛は「髪付師」、手足を作る「手足師」、そしてそれらを総合的にプロデュースして人形を形作るのが「着付師」です。通常人形師と呼ばれるのは着付師のことで、安藤人形店はその着付師に当ります。
(さらに…)

Newer Entries »

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2018 IHCSA. All Rights Reserved.