歴史

島根県~神話と歴史と景観と~松江市

2012年7月20日


pdficon_large

 

『城下町松江』

 松江市のシンボルといえば、もちろん松江城である。堀尾吉晴(ほりおよしはる)が17世紀初頭に築城した城で、現在国の重要文化財となっている。城の周囲には武家屋敷が残り、城下町の風情がある。訪れた人は城の堀を巡る遊覧船から城下町の風景を楽しむこともできる。

 松江城の大手門跡近くの発着場から、堀川めぐり遊覧船に乗った。左に城の城壁を見ながら進むと右手に松江歴史館が見えてくる。堀の周りの遊歩道をレンタサイクルに乗った若い女性観光客が、気持ち良さそうに黒髪をなびかせて走りすぎて行く。宇賀橋を右に見ながら城壁伝いに左に行くと、右手に歴史を感じる屋敷群が見えて来る。今も江戸時代そのままの風情を残す塩見縄手地区だ。茶色の板塀から見越し松の緑が覗き、大きな門には白い提灯がかかっている。松江城の歴史を語る船頭さんの名調子を聞き、左に城壁、右に武家屋敷を見ながら遊覧船に揺られていると、何ともゆったりとした気分になる。いつの間にか、水面に遊ぶ水鳥たちと気分はすっかり同化している。  (さらに…)

Newer Entries »

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2018 IHCSA. All Rights Reserved.