食 Food

富山の大自然と食の旨さに感動

2014年7月11日


富山の大自然と食の旨さに感動

pdficon_large

 

本州の中部地方に南北に連なる3つの山脈がある。これらが俗に日本の屋根と呼ばれる日本アルプス。その中の一つ北アルプスは、西側が立山連峰、東側は後立山(うしろたてやま)連峰と呼ばれ、富山県から長野県までを結ぶ「立山黒部アルペンルート」は、世界有数の山岳観光ルートとして知られ、その雄大さ、美しさは訪れる者を魅了する。
黒部峡谷をトロッコ電車で行く秘境の旅は、秋ともなれば、美しい紅葉を求めて国内外から多くの観光客が訪れる。
豊かな大自然と美味しい食との出会いを求め富山を訪ねてみた。

 toyama1
みくりが池

 

五感が蘇る秘境の旅

 「ガルッペ」、聞き慣れない言葉であるが、ご存じだろうか。アイヌ語で魔の川を意味する。一説には、これから案内する「黒部」の語源とも言われている。「ガルッペ」が「ガルベ」そして「黒部」に。その黒部を知るために、温泉地として有名な「宇奈月(うなづき)」からトロッコ電車(黒部峡谷鉄道)に乗り終点の「欅平(けやきだいら)」へと向かった。当初、トロッコ電車は電源開発の資材を運搬するために作られたが、地元住民および観光客から黒部峡谷の景勝を見たいとの強い要望があり一般の人を乗せる観光電車になった。最初の頃は生命の保証はしないという条件で観光客を乗せていたそうだ。
 黒部峡谷は日本三大渓谷の一つで、「日本の秘境百選」にも選ばれている。車窓に飛び込んでくる荒々しい山々と原生林は神秘的でまさに秘境という言葉がふさわしい。非日常に身を置くことで、眠っていた五感が蘇ってくる。

(さらに…)

« Older Entries Newer Entries »

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2017 IHCSA. All Rights Reserved.