食 Food

進化する温泉郷『湯田中温泉』

2017年7月27日

進化する温泉郷『湯田中温泉』

pdficon_large


湯田中温泉をご存じだろうか。1998年の長野冬季オリンピックでアルペン競技の会場となった「志賀高原」の玄関口として、また近年では雪の降りしきる中、温泉露天風呂に入るサルの愛らしい姿を見ることができる「スノーモンキーパーク」のある場所として有名な温泉地だ。冬のパウダースノーやスノーモンキー、それらを楽しんだ後の温泉はこの地域の魅力だが、夏や秋のグリーンシーズンには志賀高原でトレッキングを楽しむのも良い(グリーンシーズンの志賀高原については、≪『高原の楽しみ方』志賀高原ユネスコエコパーク≫参照)。また、北志賀高原の竜王ロープウェイ山頂には、条件が合えば眼下に雲海が広がり、時には雲海に沈む夕日を見ることができる展望所SORA terrace(ソラテラス)があり人気を博している。さらに最近は湯田中温泉に新しいタイプのカフェやレストラン、宿泊施設が増えていると聞き、訪問してその魅力を探ってみた。

 

幻想的な雲海を見下ろすSORA terrace

竜王マウンテンパーク

 北志賀高原にある竜王マウンテンパークは、冬には人気のスキー場として国内外のスキーヤーで賑わっているが、今回はグリーンシーズンの魅力を体験してみた。
 山麓駅から世界最大級の166人乗りロープウェイに乗り山頂へ向かった。標高1,770mの山頂駅まで約8分。ゴンドラが上って行くにつれて視界がどんどん広くなっていく。この日は雲海が出ていなかったので、近隣の斑尾山(まだらおさん)、妙高山や長野市街、小布施町などがはっきりと見えた。雲海が広がった日には、山頂駅に隣接し、急斜面に建てられたSORA terraceから、上の写真のような幻想的な世界を堪能することができる。
 7~8月の真夏でも、竜王山山頂の平均気温は18℃ほどと涼しく、テラスからの絶景を眺めながら、併設のSORA terrace caféで買ったコーヒーを味わうのは至福の時間だ。
 また竜王山は秋の紅葉でも有名で、9月下旬から10月上旬に色づき始める紅葉シーズンには、雄大な景色と紅葉、そしてタイミングによっては雲海と沈む夕日を一度に見ることもできる。

 
≪長野鉄道の終点・湯田中駅から徒歩で行ける湯田中温泉街では、地元の食材を生かした創作料理を提供するカフェやレストランが近年相次いで開店している≫ (さらに…)

« Older Entries

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2017 IHCSA. All Rights Reserved.