食 Food

日本茶の世界 ~東京に最も近いお茶の名産地を訪ねて~

2018年6月25日

 

日本茶の世界
~東京に最も近いお茶の名産地を訪ねて~

pdficon_large

展望台から見た入間市の茶畑


2018年5月11日、緑茶が最も美味しいといわれる一番茶収穫の時期に、東京から最も近いお茶の名産地である狭山茶生産地を訪ねた。埼玉県西部の入間市、狭山市、所沢市を中心とする狭山丘陵周辺の狭山茶生産地は、都心から電車で1時間ほどの距離にあり、温暖多雨の気候を好む茶の木にとって、大量に生産できる経済的産地の北限といわれている。まず地域で最も栽培面積の広い入間市を訪ね、埼玉県茶業研究所および入間市博物館の協力を得て、日本茶とは何か、またその日本茶の世界で狭山茶はどのような特徴があるのかを学んだ。更に一年で最も忙しい時期にもかかわらず、狭山市の生産農家の方に、一番茶の生産現場を実際に見学させていただいた。

黄緑色に輝く新茶畑

 埼玉県農林部の担当者に最初に案内していただいたのは、入間市の茶畑を一望できる桜山展望台だった。見下ろす と、手前の住宅地と奥の狭山丘陵に挟まれた部分に、目にも爽やかな黄緑色の茶畑が広がっていた。南北1キロ東西4キロと、決して広大とは言えないが、それ故に大規模生産地とは違う特徴や工夫があると聞いて、この日1日の取材がますます楽しみになった。

 埼玉県茶業研究所へ向かう途中、偶然茶葉の摘採作業に遭遇した。20年ほど前に導入されて以来、収穫作業が格段に楽になったという乗用小型摘採機が、驚くほどスピーディーに一番茶を収穫していた。茶樹を跨ぐようにして、表面の新しい葉を摘んでいく。茶葉は摘んだ瞬間から酸化するので時間との勝負だ。摘採機が茶畑の1列分を収穫すると、袋が茶葉で一杯になる。それを直ぐにトラックに積み、荷台が一杯になると間髪入れずに茶工場へ運んで行った。

(さらに…)

« Older Entries

 

カテゴリ最新記事一覧

Copyright © 2018 IHCSA. All Rights Reserved.